生活習慣を少し変えるだけで肥満は予防できる

体脂肪が増えて、肥満に近づいてきていると感じる人は、日頃の食事内容をチェックし、運動量を増やすだけでも大分違います。少々の肥満は、生活を不自由にする要素にはなりませんので、そのまま放置していたという人も、たくさんいるといいます。食べ物が身近にあふれるようになって、飢えるという体験をすることはほぼなくなっています。けれども、そのせいでカロリーオーバーの食生活を送ったり、運動量が少なくなるということが出てきました。人間は生きていくための本能として、食事が満足にできない時に備えて、脂肪を身体にためる機能が備わっています。体脂肪を体に貯め込むのは、食べ物が得られない期間がしばらくあっても、すぐに命を落とさないようにしているためです。人体が余剰カロリーを脂肪にするようにできているために、食べ過ぎの感覚がなくとも、肥満体型になるということがありえます。肥満気味の段階で、生活習慣を改善しなければ、蓄積されている脂肪の量が徐々に増えて、本格的な肥満体型になってしまうことがあります。急激なダイエットは身体によくありませんので、食習慣や生活習慣を見直すことで、ちょっとずつ体質を変えていくよう努めましょう。毎日、入浴後に体重を計測し、記録を残しておくだけでも、自分が何をした時に体重が増加し、どのくらいの食事が適量なのかがわかります。自分の好きな食べ物やお菓子類は、なるべく自分の目に付きにくい所に隠しておくだけでも、間食が減って、とても効果があります。肥満を予防するには、大がかりな運動や食事制限をしなくても、間食をやめるためにお菓子をハコの中にしまうくらいでも効果が期待できます。

 

酵素の効果