アフターケア

豊胸手術を受けたい人を悩ます問題の一つが「お金のこと」だ。 保険が適応される乳房再建手術以外は、美容整形なので自由診療として、クリニックを通じて豊胸手術にかかる費用が広く異なります。 豊胸手術の種類と料金 豊胸バッグ挿入 脂肪注入 ヒアルロン酸注入 豊胸バッグ挿入法 豊胸バッグ(プロテーゼ)挿入法 「バッグプロテーゼ挿入」とも呼ばれる、シリコンや生理食塩水などでできた豊胸バッグを胸に挿入してバストアップする方法だ。 料金相場は250,000円~850,000円。 挿入する豊胸バッグの種類を通じて値段が異なります。 ハニーココ 見た目や触り心地も自然で質の良い豊胸バッグだと費用も高くなりますが、ヒアルロン酸注入法豊胸のように注入量を通じて料金が高くなることはありません。 「2カップ以上胸を大きくしたい」「豊胸して数年で元のバストサイズに戻るのは困る」という人は、豊胸バッグ挿入を受けることが多いです。 参照: 半永久的に2カップ以上のバストアップが可能!豊胸バッグ挿入法の料金相場 脂肪注入法 脂肪注入法豊胸 脂肪注入法豊胸には、「脂肪注入」、不純物を取り除き濃縮した脂肪を使う「コンデンス法」、活性化した幹細胞を脂肪に混ぜ合わせた「幹細胞」の3通りの方法があります。 料金相場は700,000円~1,500,000円といった、注入する脂肪の純度や加工の度合い、脂肪の定着率にて費用が大きく異なります。 血液や水分、死活細胞など不純物が少ない方が、しこりや胸の痛みなどの後遺症、合併症が起こりづらいので、安易に料金の安さで選ばないことが大切だ。 多くのクリニックでは単純な脂肪注入法ではなく、コンデンスや幹細胞による豊胸を勧めています。 ヒアルロン酸注入法ほど素早くはありませんが、注入後数年で体内に吸収されるのがデメリットだ。バストのがたいを維持したい人は、豊胸バッグ挿入という併用することで自然な柔らかさといった見た目が保てます。 参照:自然で柔らかなバストに仕上がると評判!脂肪注入法豊胸の料金相場 ヒアルロン酸注入法 ヒアルロン酸注入法豊胸 体内にも存在するヒアルロン酸をバストに注入する方法だ。 ヒアルロン酸豊胸の料金相場は、10ccあたり約30,000円~40,000円。 体型にて多少変わりますが、大体片胸70cc~100ccで1カップ程度のバストアップができます。 両胸を1カップ大きくする為には、約250,000円~620,000円の費用がかかります。 各クリニックの料金表示を見ると、1ccあたりの値段が記載されていることがありますが、1本に10ccのヒアルロン酸が入っている注射器が使用されるので、10ccごとの値段がかかるとして下さい。 数ある豊胸術の中ではとりわけ値段が安いですが、持続時間は約1~2年という少ないだ。 しかし持続時間を長くする為に、少量のヒアルロン酸を複数回に分けて注入したり、エコーとして体内に吸収されにくい大きなかたまりで注入したりする方法もあります。 参照: 短時間で費用も安価にバストアップ!人気のヒアルロン酸注入法豊胸の料金相場 最後に 豊胸手術にかかる料金相場は250,000円~1,500,000円。 受ける豊胸手術の種類を通じて、料金だけでなく、持続期間や凄まじくできるカップサイズ、ダウンタイムの長さ、傷跡のがたいなども異なります。 自分の希望通りのバストサイズ、がたい、形になる為に、どのような方法が良いのか迷った時は、ほとんど気になるクリニックで無料のカウンセリングを通してみましょう。 支払いは現金やクレジットカード払い以外にも、分割払いができる医療ローンが組めるので、料金で選ばず、自分に身体にあった豊胸手術の方法や信頼できるクリニックを選ぶと良いです。 豊胸手術にかかる料金は断然気になりますし、安い方が財布の負担も減りますが、 希望通りのバストが作れるか? 後遺症や合併症が起きても後悔しないか? 提示された料金には麻酔代や薬代は含まれているか? 充分な保証制度やアフターケアが受けられるか? アフターケアは別途料金が必要なのか? 自分の身体を安心して預けられる信頼できる医師に担当してもらえるか? ……など、費用以外の面も正しく考えて、豊胸手術の種類や受けるクリニック、担当医師を選ぶことは、自分の大切なバストを守ることにも繋がります。