コレステロール値を上げにくい食生活

毎日の食事の内容に問題があるために、コレステロールの値が高くなっている人がいます。健康を維持するためには、血中のコレステロール値を上げにくい食生活をすることが不可欠だといえます。どんな食品を摂ればコレステロールを、上げにくくすることができるのでしょうか。コレステロールの多い食事をしていると、血中コレステロールが高くなるという印象がありますが、事実はそれだけではありません。食品に含まれていたコレステロールで、血液にいくものは1割程度で、血中のコレステロールの90%は、肝臓でつくられたコレステロールです。

体内でコレステロールを作るために必要な栄養素が含まれている食事を多くとっていると、結果的に血中のコレステロールが多くなると考えられており、食材に含まれるコレステロールはまた別個に考えられます。食事内容に応じて、肝臓でできるコレステロールの値は違ってきます。どの程度の脂肪量を摂取したかが大事です。同じ脂肪でも、飽和脂肪をたくさん摂取するとコレステロールを合成する機能が高まります。不飽和脂肪を摂ると、合成は減少します。飽和脂肪をたくさん含む食品は脂身の多い肉や、チーズ、バター、チョコレート、ポテトチップスなどです。不飽和脂肪の多い食品は、豆腐、ごま油、魚介類などです。コレステロールを意識した食事をするには、不飽和脂肪酸の多い食材を重点的に、飽和脂肪酸の多い食品はできるだけ使わないようにするといいでしょう。血中コレステロール値が気になる人は、コレステロールを挙げるような食事はできるだけしないほうが無難です。コレステロールのことを考えながら、食べるものや、食べる順番を考えることで、体の調子を改善することが可能になります。亜麻仁 セレブ油 効果