運動による脂肪燃焼の工程を知りましょう

有酸素運動が脂肪燃焼に効果的だといわれていますが、どのように燃焼するのでしょうか。
運動を始める前にどのように脂肪が燃焼するかを理解すると、効果よい運動ができるのではないでしょうか。


脂肪が燃焼する仕組みとは

からだを動かす、すなわち運動をすることで体脂肪は燃焼します。

食事などで摂取したごはん、パンなどは消化され、最後にはブドウ糖に変化します。
そしてそのブドウ糖は細胞内でエネルギーに変わります。

ブドウ糖が消費されると、次に脂肪を分解する「リパーゼ」と呼ばれる酵素が脂肪細胞を細胞酸とグリセリンに分解します。 そしてこれらが血液中で遊離脂肪酸となって、エネルギーとして燃焼されます。

このように食物から作られたブドウ糖がエネルギーとなり、使い切ってしまった後に、脂肪が燃焼され始めます。

よく運動は20分以上続けた方が良いといいますが、体脂肪を燃焼させるには20分以上が効果的な理由はここにあります。 エネルギーが必要となる要因があり、初めて脂肪が燃焼します。

 

ベルタ酵素 サプリ