半身浴とお風呂ダイエット

半身浴がダイエットに効果があることは、前々から知られていることです。

半身浴とはお風呂ダイエットの一種で、胸から下の下半身だけを湯につけます。

半身浴で使う湯は普通よりも少々ぬるめです。37度から40度の、少しぬるいと感じるくらいの湯に20分~30分ほど入ります。

ぬるい湯に時間をかけて入ることで体の中心まで温めることが、普通の入浴と異なる部分です。

ぬるい湯にずっと入ることによって体は体幹からしっかり温まり、発汗作用が促進されるといいます。

お湯の温度を37度~40度程度に抑えることで、のぼせの防止になります。

更に、胸から上を湯から出しておくことで長時間の入浴が可能です。

その間ずっと体は温まり、新陳代謝が良くなります。

体質が改善され代謝が高くなれば、体内のカロリー消費もアップしますので、それだけダイエットがしやすくなります。

半身浴によるお風呂ダイエットの利点は、他にもあります。

肩こりや冷え性、腰痛で悩まされている人は体内の血の巡りが良くないことがありますが、半身浴は血流を良くする効果があります。

体が温かくなることで毛穴が開き、体内に蓄積された老廃物が排出されやすくなってお肌のコンディションも良くなります。

ぬるめのお風呂にゆっくり浸かってリラックスすることで、精神状態が安定し、リフレッシュ効果があるといいます。

その結果副交感神経が働き、自律神経が整います。健康や美容によく、元手がかからないお風呂ダイエットは、理想的な方法といえるでしょう。

ダイエットというと、食事制限をしたり運動したりと、精神的な負担がかかることが多いのが特徴ですが、半身浴によるお風呂ダイエットは手軽に誰でも簡単に実践できるので、おすすめのダイエット方法の1つです。

カロリミット 楽天