ダイエットの停滞期とストレス

停滞期になると、ダイエットのストレスは最高潮になります。

もともとダイエットはストレスとの戦いでもあります。

期待した通りに体重が減っていたり、ダイエットがうまくいっている実感を得られなければ、長期間の食事制限や有酸素運動を続けることは難しいでしょう。

短期間で一気に痩せたいとダイエットをする人であれば誰もが思うものです。

健康的なダイエットを成功させるには、停滞期を何回か挟み段階を踏みながら、少しずつ体重を減らしていくという過程を越えていくことが求められます。

ダイエット停滞期の期間は人によって違いますが、だいたい2週間~1ヶ月ほどです。停滞期の時期に体重が減らないのは、かなりのストレスになります。

あせる必要は全くないので、ぜひ平常心で今まで通りダイエットを続けていきましょう。

停滞期と体重が減る時期が交互に訪れるのが正しいダイエットですので、停滞期は階段の踊り場のようなものです。

実際ダイエットの停滞期は一番ストレスがたまるので、イライラして思わず過食してしまうケースも多々あります。

これまで何とか体重を減らしてこれたものの、停滞期に入る度にストレスを溜めていては、どのようなダイエット方法であれいずれは挫折します。

停滞期の仕組みをダイエットをする前からしっかりと理解していれば、体重が減らない時期があってもそれほどストレスを感じません。

ダイエットの停滞期の時期でも次にくる減量の効果があらわれる時期への心のゆとりを持つことができるでしょう。

ボニック 痩せない