妊娠中のダイエット

妊娠をしている最中に、ダイエットをする人がいます。妊娠中の女性は、とても太りやすい状態です。

皮下脂肪が多ければ、それだけカロリーが蓄積できますし、胎児のクッションになります。太りすぎは、色々な妊娠トラブルの原因になります。妊娠中毒症や、妊娠糖尿病は、太りすぎによってリスクがアップします。妊娠しているときはダイエットをするのではなく、体重を増やしすぎないような運動や食事量を意識しましょう。ダイエットで蓄積したカロリー消費しようという考えは、妊娠中はやめましょう。妊娠し、産婦人科に通うと、医師からは体重増加のペースについてアドバイスがあります。病院の指導より太りすぎてしまったからといって、妊婦が極端に食事量を減らしたり、過度な運動をするといったダイエットをすることはいいことではありません。妊娠している時にダイエットをすると、お腹の赤ちゃんの発育に影響を及ぼします。病院によって、指定される体重のふえ方はいろいろです。気にしすぎずに、無理しなくてもできるようなやり方で、体重を調節していくようにしましょう。母子共に健康な出産ができるように、妊娠中は、ダイエットの必要がないように体重を増やしていくようにしましょう。