ダイエット料理に使用する調味料について

ダイエットのための料理では、調味料の扱い方もとても大事です。調味料は料理の味つけに欠かせませんが、砂糖やみりんなど、案外とカロリーが高いものがあります。

味の濃い食事は箸が進み、ご飯をたくさん食べてしまうことになりますので、味つけもダイエット時には気をつけたいことです。最近は様々な油が販売されていますが、植物性油のカロリーはどれもほぼ同じです。オリーブオイルには、血中のコレステロールを整える効果があります。ビタミンEも多く含んでいますので、ダイエットの強い味方になってくれます。市販のドレッシングは意外と油分が多いので、ダイエットのためにはできるだけノンオイルのものを選びましょう。ドレッシングは、自家製にすることもできます。醤油は数種類用意しておき、料理に合わせて使うことで、塩分の多くなり過ぎを防ぐことができます。味噌も、製品ごとに塩分濃度が異なりますので、購入時に塩分が多くない物を選びたいものです。味噌は種類が幅ひろく、ものによっても塩分濃度や、しょっぱく感じる度合いが異なります。少ない塩分でも、味つけが物足りないと感じないようにする工夫は色々あります。お酢を活用したり、だしの味を利用したり、素材の味を活かす方法もあります。特に、かつお、こんぶ、にぼしなどの和風だしは低カロリーで味わい深い、ダイエット向きの料理ができます。