中性脂肪を減らす青背魚

魚・大豆は中性脂肪を減らす和食に欠かせない食材です。

魚に含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)は血液をサラサラにする働きがあります。
その上、動脈硬化を防ぐ働きもあります。

EPA,DHAを多く含む魚には、さば、いわし、さんま、あじといった背の青い魚があげられます。

白身魚は脂肪分が少なくいいのですが、中性脂肪が気になる人は青背魚を食べるといいでしょう。
また干物は塩分が多いので、生(刺身)か煮魚をおすすめします。
大豆は青背魚の働きを効果的にし、中性脂肪が増えるのを抑える

中性脂肪の味方、大豆製品大豆製品に含まれる大豆サポニンには、中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあります。

また、青背魚のEPAは酸化を防ぐ働きがあるので、青背魚と大豆製品を一緒にとると効果的です。

そうなると大豆製品は毎日食べたいですね。
大豆製品は料理としてもバリエーションに富んでいます。

大豆製品の代表といえば、豆腐、豆腐1つとっても料理法はかなりありますね。

冷奴、湯豆腐、マーボ豆腐、豆腐ハンバーグ、チャンプルー、鍋料理、味噌汁の具など色々工夫次第でメニューは広がります。

大豆製品は他にも納豆、みそ、おからなど意外にたくさんありますので、毎日、メニューに取り入れたいですね。
できれば、青背魚と一緒に食べると効果がアップです。

 

ダイエットのための酵素ドリンクのおすすめ