肥満の人が体重を減らす生活習慣

もしも肥満体型からのダイエットを試みるのであれば、急にきつい運動やカロリー制限で体重を減らすのはやめましょう。

肥満の人はまず生活習慣を改善することから始めるのがおすすめです。たくさん食べていることが肥満の原因にある場合が多いですので、しっかり噛むように意識づけをしましょう。口に物を入れたら30回噛んで次の一口を入れます。咀嚼することによって脳内にヒスタミンを増やし、満腹中枢を刺激して食欲を抑える効果があるといいます。多くの場合、肥満の人はたくさん食べ過ぎているために今の体型になっていますから、まず食事の量を減らすことが大事です。食事を摂る時間ですが、夜9時以降は食べないようにしましょう。夜遅く食べると摂取した栄養がエネルギーとして消費されにくいのです。残業などがあって遅い時間でなければ食事ができないという人は、できるだけ夜の食事を軽めに済ませるようにするといいでしょう。肥満の人が体重を減らしたい場合、朝食はしっかりと食べなければいけません。たとえ体重が増えてしまっても、朝食だけは摂るべきです。ストレスが食べ過ぎの一因ですが、このストレスに対して効果があるというセロトニンは、朝ご飯を食べることで脳に供給されることが理由です。肥満の人は食事だけが原因で体重が増加しているわけではありません。運動不足もその大きな原因です。積極的に階段を使ったり、移動は徒歩の機会を増やすなどして、日々の活動量を増やしていくことから始めましょう。けっして無理はせず1日1回は階段を上るなどとルールを決めて、取り組むことがポイントです。体重を減らして肥満解消をしたい人は生活習慣から少しずつ改善していきましょう。
ダイエット