睡眠のリズムを知り、肥満

朝起きて、夜寝るまで、からだの中の体内時計は絶えず、動いています。

朝起きると、もうすでに夜、寝る準備が始まっています。

職場で午後になると眠気が生じることがありませんか?

仮眠室などで短い昼寝が効果的です。長いと逆効果です。


でも、夕方以降に仮眠をとると、逆に寝れなくなるので、避けてください。

また布団に入ってもなかなか寝つかれないことがあると思います。無理に寝ようとすると頭がさえて寝れなくなります。

音楽を聞いたり、癒されるような香りをかいだり、リラック状態を作ってください。

 

眠くなったとき布団に入る。

寝ようと意気込むことはやめてください。

ぬるま湯のお風呂も効果的です。

 

また、気を付けて欲しいことは

就寝4時間前以降のカフェインは、寝付きを悪くします。

また寝る前のアルコールも眠りの質を悪くします。

寝具は自分にあっているでしょうか

をチェックしてみることも必要です。

 

不眠は色々な意味で、健康が害し、また肥満、メタボ、しいては生活習慣病の原因にもなります。

自分にあった睡眠時間をもう一度、見直し、肥満、メタボ、生活習慣病の予防をしましょう。

 

ゆっくり休めないという人におススメ!睡眠導入剤ではありません。マインドガードDX粒