魚の体位。

痩身に使われるヨガの体位を解説します。
魚の体位はホットヨガの基本のポーズ(体位)の1つです。

実際の練習方法は以下の様になります。

①両足を揃えて前に伸ばして座ります。

②上体を少し右後ろに傾けて、右肘を床に付けます。
 次に同じように左ひじでも左右逆で同じことをします。

③息を吸いながら、胸を上の方に張り上げます。
 ここで頭は出来るだけ後方に反らします。

④両ひじで身体を支えます。頭をゆっくり下げていって、頭頂を床に付けます。
 この時点で顎は思いっきり突き上げられています。目には床に水平な方向が
 見えています。

⑤頭頂部とお尻で支えられた反り橋の態勢が出来上がります。
 深呼吸を10回くらいして、この間この態勢を保ちます。
 
⑥静かに息を吸いながら元の体位に戻します。これを2回繰り返します。

魚の体位の効果は以下の通りです。

・背中の筋肉を強くします。背中の血行が良くなって暖かくなります。

・胸部の筋肉が発達します。猫背の様な無理な姿勢が治ります。

・交感神経と内臓を刺激します。この為肝臓や脾臓、卵巣に良い影響を与えて
 痔などの病気を治します・
 又、糖尿病の治療にも効果があります。