外食が増え、気づいたら半年ほどで体重が10キロも増加

小学校から高校時代まで、テニスクラブに所属し、ほぼ毎日スポーツをしていましたが、大学入学を機に運動を辞め、文化系のサークルに入りました。

食事面でも、大学進学とともに一人暮らしを始めたことから、外食が増え、半年ほどで体重が10キロも増加してしまいました。

その頃、久しぶりに会った知り合いから、何かの病気なの?と心ない言葉をかけられたことで、ダイエットを決意しました。

なるべく早く、できることなら、私に心無い一言をかけたその知り合いに次に会う機会までには、元の体重に戻したい、つまり太った分の10キロは最低でも痩せたいと思いました。

インターネットや知り合いが試したダイエット情報の中から、過度な食事制限やハードな運動は私の性格からして、続かないと思っていたため、ストレスが少なそうなダイエット法に絞り、いくつか実践してみて、効果のあるものを継続することにしました。https://www.wakamizu-ekiden.com

ダイエット方は、当時流行っていた、ゆで卵とグレープフルーツを好きなだけ食べていいというダイエット方です。

工夫した点は、ゆで卵は飽きないように、ゆで加減をなん種類か用意したことです。

またグレープフルーツもスーパーで売っている通常の黄色いグレープフルーツだけだと飽きるので、果物やさんに売っている赤いグレープフルーツや珍しい品種のものなども買い揃えたことです。

また、知り合いに言われた言葉を思い出すと、悲しくてダイエットを頑張ろうという気持ちになるので、一人暮らしの部屋の毎日見える位置と冷蔵庫に、知り合いに言われた言葉を書いて貼っておくようにしました。

ゆで卵とグレープフルーツダイエットは朝ごはんと昼ごはんだけに決めていたので、友達との飲み会やスイーツ食べ放題には行っていたので、おやつや夕食も例えば月に何回までというように決めていたら、もっと早く目標を達成できたかもしれないと思います。

一週間程度で2、3キロはすぐに体重が減り、二週間くらいで5キロくらい減ると、周囲にも痩せた?と言われるようになりました。

また、元々洋服は、ぴったりしたものを着ないタイプでワンピースやスカートが多かったのですが、5キロくらい減ったところで、サイズが一つ下がり、買い物が楽しくなりました。

3週間くらいで痩せにくくなりましたが、諦めずに続けた結果、2ヶ月半程度で8キロくらいまで痩せることができ、そのタイミングで満足してダイエットを終了しました。

169センチで58キロあった体重を50キロほどまで戻すことができました。

無理をせず、ストレスをためずに続けられる方法を探したほうがいいと思います。

私は運動はしたくないということを決めていたのと、食事を抜いたり糖質を一切取らないなどの厳しい食事制限はできないと思っていたので、あまり自分を追い詰めないことを基本にしていました。

ご自身の性格や譲れないことを理解した上で、ダイエット方法を選ぶことをオススメします。