自宅でできる自重トレーニング

自重トレーニングとは自分の体重を使う筋力トレーニングのことをいいます。色々な種類がありますが

この記事では自宅で器具を使わずにできる膝の屈伸、腕立て伏せ、上体起こしの紹介です。回数は自分の体力に合わせてやっていきます。膝の屈伸は下半身を鍛えることができます。まずは両手を頭の後ろに組み、背筋を伸ばします。次に両足を肩幅と同じに開き、つま先を45度角に開きます。その体制でゆっくりとしゃがみ、元の姿勢に戻ります。腕立て伏せは胸と腕と肩を鍛えることができます。仰向けになり足を揃え体を真っ直ぐにし、両脇をしめて腕の屈伸をします。上体起こしは腹筋を鍛えることができます。仰向けの状態で膝を立て、手を頭の後ろに組んで上体を起こします。これらのトレーニングは自宅でもでき、器具をつかわないのでお金がかかりません。週に一度からでもいいので習慣にしていくと体が慣れていくので、回数も増えてきます。筋肉は栄養がないとつくことができません。運動後はタンパク質をとり、傷ついた筋肉に栄養をあたえると良いです。筋肉が増えると代謝がよくなり太りにくくなるので、ダイエットにもなります。体力や筋力を身に着けられるので健康にもいいです。後は加圧シャツも使えば効果倍増かな。私がおすすめするのはビダンザゴーストです。

【新庄剛志愛用加圧シャツ】ビダンザゴーストは効果なし?俺の口コミ