社会人になって便秘体質になった思い出

生活環境が変わると必然的に生活のリズムもそれまでは違ってくるものだと思います。生活のリズムが変わると、それが体調にも影響を及ぼしてしまうことはよくあることのようです。

私の場合、それは便秘という形となって現れてしまったことがあります。短大を卒業して一般事務職として就職すると、お通じが悪くなってしまったのです。それまでも便秘になった経験もあることはありましたが、比較的お通じは良いほうだと思っていました。それが社会に出て働くようになってから便秘の期間が長引くようになってしまったのです。便秘が長引くと気のせいか下腹が張り出してきているような感じがして制服のスカート姿になるのが嫌でした。下腹にはいつも違和感がありそれも嫌なものでした。そんな便秘でしたが、社会人生活に慣れていくうちに自然と解消されていくようになりました。それでも、会社で仕事をしているとトイレに行きたくてもつい我慢してしまうこともあり、学生のころよりは便秘になってしまう頻度は増えていたと思います。生活の変化に神経質にならず、トイレに行きたくなったらいつでも行ってスッキリするのが便秘予防になるのかなと思っています。

フローラ美人の口コミはこちらのサイトから!