食事で体脂肪を減らして減量する

体脂肪を落として減量するためには食事の摂取カロリーを減らす必要があります。

ただし、体脂肪を減量するためにカロリーを減らしたいからといって、やりすぎると代謝の低い体になって脂肪が減りにくくなります。

食べる量を極端に制限し摂取カロリーを減らし過ぎると筋肉量が減ってしまいます。

筋肉量が減ると代謝が低下するので体脂肪が燃焼しにくくなりますので、極端な食事制限はだめなのです。

摂取カロリーを減らして体脂肪を落とすためには、成人の平均摂取カロリーより20%程度落とすのが最も効果的です。

平均的なカロリー量は、男性は一日1840キロカロリー、女性は一日1440キロカロリーの食事にすることで、体への負担をかけずに減量ができます。

体脂肪を落として減量するためには、1日3食は必ず食べることが大切です。

体にいい食事メニューにした上で、カロリーを減らすようにすることが理想的です。

炭水化物を極端に減らすなどの食べ方では体脂肪を減らすことはできません。

三大栄養のバランスを考えて太りにくいダイエットに適した食事をすることが重要です。

食事をする時間も気を付けなければなりません。

食べる時間が遅くなればなるほど脂肪が蓄積しやすくなるので朝から夜にかけて食事量を減らしていくようにしましょう。

食べる内容や、食べる時間次第で、体脂肪の減量をすることができます。

酵素 断食 3日