たんぱく質で筋肉量を増やして痩せるのが健康的なダイエット

健康的に痩せるためには糖質をなるだけ控える必要があります。

体を動かすエネルギーを作る3大栄養素の中でも特に糖質は体内でだぶつきやすくすぐに内臓脂肪となってしまうので若い女性の間で最近炭水化物抜きダイエットなどの糖質制限が流行っています。

しかし炭水化物の中には食物繊維も多く含まれているのでお米などの主食を食べない代わりに他の食品で食物繊維を摂取することを忘れないようにしましょう。

肥満気味で動脈硬化が心配で血圧も高めという方の場合はまずは食事を見直すことが大切です。

鳥の皮などの脂身の多い部分はあまり食べないようにして、動脈硬化の原因となる動物性の脂肪や炭水化物は控えましょう。

糖分は脳内の神経伝達物質のセロトニンの分泌を増やす働きがあるので多幸感につながり一種の快楽作用があるので中毒性があり、非常に強烈な味覚なのでついつい甘いものを食べ過ぎてしまう原因になります。

なので強烈な味覚を持つお菓子やジュースなどの糖分がタップリ含まれている食品は控えるようにしましょう。

動脈硬化の改善に効果的なのは肉や魚、大豆製品を中心にしたたんぱく質を多く含む食事メニューです。

魚がどうしても食べられないという場合にはやっぱり健康のためには必須脂肪酸が不可欠なので動脈硬化 改善 サプリメントとしても有名なDHA&EPAセサミンEXオリザプラスなら効率よく魚の栄養素を摂取できます。

たんぱく質は糖質や脂質と違ってたくさん食べても脂肪が付きにくく筋肉を成長させる栄養になるため代謝を増やして痩せやすい健康的な肉体を作ります。

芸能人や一般人が肉体改造に続々成功していうことで話題のテレビCMが印象的なライザップやダイエット特集で度々登場するトータルワークアウトのようなプロスポーツ選手御用達のトレーニングでも筋肉を増やして脂肪を落とす食事療法として炭水化物をカットして糖質を極力控えて鳥のささみや卵の白身などのたんぱく質を中心にした食事メニューが採用されています。

ライザップがCMで謳っているリバウンド率が7%というのはもしそれが本当だとしたら驚異的な数字だと思います。

一般的にダイエットしても約半数はまた数ヵ月すると元の体重に戻ってしまったり逆に体重が増えてしまいます。

やっぱり無理な食事制限によりあるていどダイエットが成功して体重が減ったことで気持ちに隙が出来てしまいそれまで我慢していた食欲が一気に爆発してしまいまた元の食生活に逆戻りしてしまうことが大きな要因だと思います。

しかしライザップの食事療法は糖質を取らなければいいという考え方なので以外に食べられる食品が多く食事療法が辛いといったことはありません。

工夫すれば色々な食事ができるのでそれが挫折する人が少ない理由なのかなと思います。

多くの人が結果を出しているということはそれだけ最新の栄養学やトレーニング理論に裏打ちされた手法が確立されている証拠だと思います。